30代、健康という名のダイエットについて考える①


こんばんは。AKARIです。
今日はすごく温かい1日で、春の到来か!??と思わせるほどの気候でしたね。子どもサービス継続中だったのですが、公園で遊んでいたら熱くなりすぎて思わずコートを脱ぎ捨てました(笑)1月なのにどうかしてるぜ!!結構アクロバティックな遊具の周りで鬼ごっこをしていたのですが、何故か子ども達に追いつけない。いつも子どもと遊ぶときは本気なんですが、息切れがいつも以上にきつくてすぐ捕まる・・・

え、なんで・・・??

と思ったのですが閃きました!!!もしやもしや太った??(笑)

実は私、ちょうど1年前に超ハードな病棟から1番ゆったりとした病棟に異動しまして、動く量は減る。帰るのが早いので飲み食べする量が増える!の全くよろしくない方向へ生活がシフトしまして。離婚してストレスフリーになったことや、環境にも慣れたと言うこともあってこの1年でなんと!!!

7キロも増量してしまったんです。ほんと高校生以来の最高体重をまだまだ更新するごとくの勢いで増量してしまってるのです。

幸い着痩せする方なので見た目には変わりませんし、しっかり食べることで風邪も引かなくなったのであんまり気にすることじゃないかな~とか余裕をぶっこいてたのですが、流石に階段登る程度で息切れとか!これは流石にまずい・・・

一応体力勝負な仕事もしてるし、フットワークの軽さも重要だし・・・と思い今年の目標に

ダイエット!!を追加しようと思い立ちました!!イエーイ!!

とはいえ、本格的にダイエットに取り組むのって人生初なんですよね。なのでまずは健康や美容も含めてダイエットなるものを考えてみました。




一番最初に思いつくのは食事制限です

食事制限は確かに最初から減量することが可能だと思います。でも健康や美容にはよくないのは目に見えています。(老けた感じになるのは絶対に嫌)そして長くは続かずフラストレーション、ストレスからのどか食い→リバウンドの可能性が高いです。(ダイエットあるあるですね)ダイエットの中には体重を減らすことだけが目標となってしまって限定された食べ物だけでやせるというものがあります。置き換えダイエットもしかりです。この方法では脂肪燃焼が起きずに脂肪がつきやすい体になってしまうのです。しかしダイエットを進めるためには、余分なカロリーを摂取することのないように意思を強く保つ必要があります。(その意思の継続が本当にやっかいなんだよね~)

当然ながら脂肪を燃焼させねば!!

脂肪燃焼を意識したダイエットなら、体脂肪を効率よく消費して健康的なダイエットができます。筋肉だけが落ちてしまうと、体脂肪率は増えます。筋肉を落とさずに脂肪燃焼によって体脂肪だけを減らすダイエット方法でならリバウンドが起こりにくくなります。つまりは健康にも美容にもいいダイエットというわけです!!脂肪を燃焼させるためには、脂肪が体の中でエネルギー源として使われる体作りを心がける必要があります。摂取エネルギーを消費エネルギー以上は摂らないようにすること。適切な運動を行えば、脂肪燃焼は促されるようになるのです。運動などで筋肉が動かされると、体脂肪は脂肪分解酵素が働くことで脂肪酸とグリセリンとに分解されます。そのうち脂肪酸は血液の流れに乗って筋肉に運ばれ、エネルギーとして使われるのです。このようにして脂肪燃焼を活発かしながらダイエットを進めていくためには、筋肉を使ったエクササイズやストレッチを習慣的に行うことがいいのですね。(やっぱりこれも継続ですね)

痩せ体質マインドも大切

人間、特に日本人はどちらかと言えばネガティブであったり、謙遜することが多いように感じています。私なんてデブだよ~もっともっと痩せなきゃ!!などと思っていたり、口にしたりしていませんか?脳って意外と単純なので口に出したことや想像したことを事実として考えてしまうんですね。なのでデブだよ、太ったよと言えば脳が私はデブなんだと認識してしてデブな行動をしてしまいます。不随意な臓器たちも。なので私はきれい、私は健康的で理想的な体型♡と思うことで脳が勝手にヤセ体質な行動をさせてくれるのです!!なんともまぁ非科学的な話に聞こえますが、引き寄せの法則なんかもおんなじようなものなのかと思います。

でつまりは本格的にどんなことをしていこうかと考えたりもしたのですが、小さなことでも継続して行えることをちょっと考えて可視化して実践しようかなと思ってます。

また報告しますね!!

最後までお読み頂きありがとうございました!

またお会い出来たらうれしいです♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です