二重の整形手術(埋没法)から10数年がたった現在の二重


こんにちは。AKARIです。

この1週間は風邪が強いながらも日差しが暖かく、少し春の訪れを感じられる一週感でしたね。とはいってもインフルエンザで週の途中から外に出始めただけですが・・・(笑)




私はフルタイムで働いているので子どもたちと会話する時間がなかなかないんですね。なのでお風呂には子どもたち片方ずつと入って1日のあったことなどを話すようにしています。昨日も当然ながら話をしていたのですが、娘の指に小さな出来物ができていてそれをセーターで必死に隠してる。すぐに治るかなぁという心配げな話でした。

えっと・・・誰もそんなところ見てないよ・・・

という気持ちをぐっと飲み込んで

「確かに気になると思うけど触ったら治りにくくなるから気にしないのが一番やで」と伝えました。

いやはや小学3年生の女子はもう外見気にしだすのか・・・としみじみ自分のときのことを思い出したりしていました。

そういや女の子に限らず誰もが何かしら外見のコンプレックスってあったよねと今になってはなんでそんなことくらい気にしてたんだろうってことありますよね。もちろん私にもあっったんです。

両目の二重の幅が微妙に違う!!っていうコンプレックスが。不器用なのでアイプチも思うようにならず、最終的に成人してから当時(今もか?)流行りのプチ整形をしました。



アイプチで二重になる

簡単に二重になる方法としてまず選択されるのがアイプチですよね。アイプチにはたくさんの種類がありますが、アイプチが流行った当初はシールでしたね。(汗をかいたら剥がれてくるとかね)今は液状のものが人気ですね。これは塗った後で透明になるため、メイクで簡単に隠すことができることが魅力です。

手軽に二重になれる二重まぶた化粧品は、一重で悩んでいる人や手術はチョッと怖いと思っている人にとって、まさに救世主的なものですが、アイプチにもデメリットがあります。まぶたは人の皮膚のなかで一番薄く弱い部分なので、皮膚トラブルを起こしやすいデメリットもあります。長期間使用することにより、まぶたが伸びてしまって、使用をやめるとまぶたが垂れ下がって以前の一重よりももっとまぶたが重く感じることもあるようです。

一時期使用していましたが、なーんか違和感あるんですよね。目の上が・・・気になってデートも遊びも勉強も集中できない!!そんな思い出しかありませんね。

埋没法による二重まぶたの手術

二重まぶたにするための手術で、もっとも多く行われているのが、プチ整形と言われる埋没法です。埋没法は逆まつげの治療にも行われる方法と同じ為比較的安全な手術です。また糸を取って元に戻すことができるというメリットもあるので戻したいってなったときに助かりますね。

手術で使っている糸は、髪の毛以下の細さの医療用手術糸で、ちょっと引っ張ったくらいでは切れることなどない、丈夫な糸です。二重まぶた手術の埋没法はメスを使わず、切らないので傷跡も残らず、自然な二重まぶたに仕上がります。埋没法の手術にかかる時間は10~15分くらいで、カウンセリングでまぶたのラインを決め、それから実際に手術で使うラインを専用の器具で作ります。埋没法の手術を行った後は、その当日だけ1~2時間ごとに5~10分くらい目を冷やすようにすればいいでしょう。デメリットと言えばまぶたの表と裏を細い糸で結んで二重を作ってあるので、数ヶ月ないし数年して元に戻る可能性があります。

切開法に比べて腫れは少ないと言われていますが、私は1週間位泣きはらしたの??って言うくらいの腫れが残りましたね。痛みは手術の時だけだったように記憶しています。

切開法による二重まぶたの手術

永久的にはっきりした二重まぶたにすることができます。切開法による二重まぶた手術の場合、華やかでしっかりとした目力が付くので、ナチュラルな感じとは逆な仕上がりになります。希望すれば、二重のラインの幅を狭めにしたり、ラインの深さを浅くしたりすることもできます。切開法で二重まぶた手術をすると、二重のラインはある程度希望のものに合わせることが可能です。しかし日本人には蒙古ひだという特有のひだがある場合があるので、希望のラインにならないこともあります。そのような場合は、蒙古ひだを切除する手術を行います。

切開法で二重まぶた手術を受けると、手術後1~2週間は腫れたりない出血があったりするのですが、普通の手術自体ではリスクなどはほとんどありません。また、仕事や外出のある人は多少外出を控えざるを得ないということがあり、腫れがいつ引くのか不安になることもあります。傷跡はほとんど目立たないようになりますが、少しは残るかもしれません。切開法による二重まぶた手術は、埋没法と違いラインが気に入らないということでも、元に戻すのは非常に困難です。埋没法より費用もかかるため切開法の手術なので、きちんとカウンセリングを受けることをお勧めします。

埋没法から13年後

私が埋没法をしてもらったらクリニックの名前は忘れてしまいましたが、あれからはや13年。

今の私の二重はどうなっているかといいますと、未だに私の希望した二重幅を保ってくれています。まぶたを閉じてじっくり凝視すれば分かる程度の糸の膨らみが見えますが十数年たった今でも私のまぶたを支えてくれているこの10万円の糸様に感謝です。

実際に埋没法をやってみて、悩んでたのは何だったの?と言うのが本音です。もちろん人によって価値観は様々で親からもらった顔を・・・と思われる方もいるかもしれませんが、それで自信が持てて前をしっかり向けて進めたら良いじゃないの?って私は思っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です