マラソン大会終了しました!


こんばんは。AKARIです。

小学校で毎日マラソンが始まって2週間。ようやく本日のマラソン大会をもちましてマラソン終了~です!!

よく頑張った!!休まず毎日走り続けたことだけでもほめてあげたいわ。

そんな集大成のマラソン大会ですが、何を思ったかわたくし休み希望の日にちを間違えておりまして、生で見ることができませんでした。(うちの小学校では見学OK、親がボランティアもします)ほらちゃんとスケジュール管理できてないからだよ!!と突っ込みが来そうですが、その通りなんで突っ込みがきても言い返すこともできません・・・

ショック!!!




はい、代わりに私の両親がのぞきに行ってくれました。子どもたちは見られるのを嫌がるのでコソーリコソーリと。忍びのようにお願いしますよ。

スタートの並びの順番からくじを引いて並ぶんですけど、どうやら娘も息子も最後列だったみたいで。そのくじ運の悪さ誰に似たん??(くじ運に似るとか似ないとかないでしょ)まぁしようがないかぁ・・・。

私の実家の住宅街をぐるぐるぐるぐる走った・・・

結果、じゃっじゃじゃーん!!

娘40人中10位!!

息子40人中25位!

しかも息子のほうは最後10人くらい団子になってゴールしたそうでうまくいけば15位だったかもしれないのになぁ・・・欲がないんか??変な決断力なのかみんなで手をつないではいゴールみたいなノリなん?

私は運動系の行事に命を燃やすほどの負けず嫌いだったけど(いまだに子どもの運動会やら参観で私の同級生にあったらそんな話をされるほどでちなみにマラソン大会は毎年1位だった運動バカです)今の子どもたちは(ひとまとめにはできませんが少なくとも我が家の子どもたちにおいては)そういった傾向にあるのでしょうか?

エネルギーの差って遺伝的要素が強いといわれているのでどうしようもないんですけど、

負けず嫌いとか粘り強さっていうのは環境的要因(しつけ)で変わってくるって言われてるんですよね。

まぁこの話は長くなりそうなのでまた後日。

とはいえ、本当に先日のブログにも書いた通り、小学生が走るような距離ではないんですよ。(1年位前に同じ距離を私も走ってオエオエなった記憶が呼び起こされたくらいです)それを最後まであきらめずに走り切った!!きっと頑張ればこんな距離も走れるんや!って自己効力感や自尊心が高まったはずやと思います。

二人とも2週間お疲れさま!!

さぁ今度は縄跳びが始まるよ~(鬼)

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

またお会いできたら嬉しいです♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です