パチンコ「アムディ東松戸」拡声器で怒鳴っているのは森田健作知事?店名公表が逆効果で行列も!

事件
事件

コロナウイルスによる特別措置法に基づいて千葉県が度重なる休業要請を行っているにも関わらず、休業しないパチンコ店「アムディ東松戸」で客と複数の男性が怒鳴り合いとなる騒動が勃発しました。

大の大人同士の怒鳴り合いに現場は騒然となり、動画や画像も拡散され話題となっています。また現場には森田知事も臨場していたとの情報があり、調べていきたいと思います。

(下に続きます)

休業要請に応じない「アムディ東松戸」で客と複数の男性が怒鳴り合いとなり現場騒然

新型コロナウイルスに対応する特別措置法に基づく千葉県の休業指示に応じない松戸市紙敷のパチンコ店「アムディ東松戸」に対し、同市の本郷谷健次市長が5日、同店を訪れて営業を自粛するよう求めた。市長の同店への直接要望は、指示が出た3日に続き2度目。開店直前の午前10時前には市職員が「新型コロナウイルス『緊急事態宣言』発令中!」と書かれた横断幕を店舗前に掲げ、市長が3密を控えるよう外出自粛を呼びかけるチラシを利用客や市民に配りながら、協力を呼びかけた。同店の駐車場はこの日も、県外ナンバーの車を中心に一杯に。市長は午前10時すぎ、店内で店長に会い休業を求める要望書を手渡した。この後、報道陣には「感染拡大を心配する市民が多く、看過できない状況だ」としたうえで、「客寄せにつながっている面はあるかもしれないが、市民の命を守るため営業をやめるまで要望は続ける」と話した。午後には東京・上野の同店本社に出向いたが、社員は不在だったため要望書を郵便受けに入れたという。同店前では午前9時半ごろから、マイクを手にした複数の男性たちが「営業やめろ」「帰れ」などと叫び声を上げ、利用客と怒鳴り合いになるなど一時騒然とした雰囲気になった。入店する市内の男性会社員(56)は「なぜ、パチンコだけ非難されるのか。クラスターの話は聞かないし、みんな、大声で話すわけでもないのに……」と自粛要望に首をかしげた。一方、通りがかりの年配女性は「ほんとにひどい話。法律を変えないとダメなんですよ」と営業継続を批判した。

gooニュース

アムディ東松戸で起こった怒鳴り合いの動画が拡散

かなりの騒動であったことをものがたるように、ツイッターではこの騒動の動画や画像が一気に拡散されています。

拡声器を持った男性が店内に入っていく客に対して

  • 退散しろ!子供の基本となる大人がパチンコをして、それを注意したら襲い掛かってくる!頭がおかしいとしかいいようがありません!
  • 私はゆるさない!お前たちを絶対に許さない!とことん地獄まで追い込んでやる!!
  • このような人たちが人々の命をうばっている!
  • パチンコ依存者が!〇ね、クソジジイ!!

と罵声を浴びせている動画が拡散しています。

コロナウィルスで全国的に外出自粛要請や特定業種に休業要請が出ている中、大半の人たちが様々な欲求を我慢しながら生活しています。

そんな中パチンコをしたいという欲求に勝てず3密となる場所に行ってしまう大人に対して不信感や不満を抱えることは当然のことです。

ですが、だからと言って暴言を吐くような行動が容認されるとも思えません。心の中ではみんな同じように思っていても行動する人はなかなかいないでしょう。

「自分の気持ちを代弁してくれた」とすっきりする人もいれば、「いい大人がみっともない、それこそ子供たちの見本にはならないのでは?」と意見が分かれています。

アムディ東松戸大騒動の場に森田健作知事もいたことが特定

要望書を手渡すためその場に市長が出向いていたことはニュースにもなっていましたが、実はこの大騒動の中あの森田健作知事もいたとの情報があります。

騒動があった日が5月5日なのでツイート日と一致します。ツイートには怒鳴っていると書いてあります。俳優時代の役柄からか「正義感」「熱血感」のイメージもあるため、怒鳴っている姿がイメージできてしまいます。

しかし知事がその場にいたのであればニュースになる可能性が高いですし、画像や動画があるわけではないので事実は不明です。

また情報が入り次第追加していきます。

休業要請に応じない店公表で逆に宣伝効果か、県外からも客が殺到

県によると、休業要請に応じなかったパチンコ3店舗は「アムディ東松戸」(松戸市紙敷)、「アムディ野田」(野田市上三ケ尾)、「JURAKU」(柏市南柏)。森田健作知事が1日午前に表明した通り、同日午後3時に県ホームページで公表した

千葉日報

大阪府の吉村知事が休業要請に応じないパチンコ店を公表したことを皮切りに千葉県知事の森田知事も1日パチンコ店3店をホームページで公表しました。

公表したことで、パチンコ店が休業に応じるかと思いきや、開店しているパチンコ店が分かったことで、今まで開店しているパチンコ店を探しながら渡り歩いてた人たちが殺到。連日長蛇の列を作っています。

中には県外の車や、わざわざタクシーで来店している人も後を絶たない状態。店内も3密どころか大密集カオス状態となっています。

地元の方に話を聞くと「コロナの前はガラガラだった」「こんなに駐車場がいっぱいなのを見たことがない」と休業要請に応じない店の公表が逆に人集めとなる宣伝効果をもたらしたことが容易に推測できます。

どっちもどっちな低レベルな争いに冷ややかな意見も!

休業要請に応じないパチンコ店、パチンコ店への過激な抗議行動、ネットでも賛否両論あります。

入店する人「なぜパチンコばっかりが非難されるのか。クラスターも出てないし、大きな声をだすわけでもないし・・・」

約1か月にも及ぶ外出自粛要請。コロナの要請患者は減少傾向にあるものの、「第二波第三波もくる」「落ち着くまでは数年単位」との声が聞かれています。終わりの見えない自粛要請に日本国民みんながストレスを抱えている状態です。また自粛を守っていると守っていない人たちにいら立ち余計なストレスが増えることから過激抗議行動に発展するのかもしれません・・・

どちらにせよ「人のふり見て我がふりなおせ」。子供たちの見本となる行動を望みたいところです。

シェアする
Goodday NEWS

コメント