阪野史弥の放火自宅を特定?建設作業員は低学歴で犯罪予備軍!東大阪放火

事件
事件

東大阪市中新開の自宅マンションに火をつけて自転車8台を放火した疑いで、20歳の建設作業員の「阪野史弥」容疑者が逮捕されました。

阪野容疑者は「むしゃくしゃして気分を晴らすため放火をつけたと供述しています。放火した自宅マンションを調べるともに建設作業員の低学歴・犯罪率も調べていきたいと思います。

(下に続きます・・・)

自分のストレスを発散するためだけの幼稚な理由で行われた放火の概要

自宅マンション駐輪場の自転車に火をつけたとして、大阪府警河内署は16日、建造物等以外放火の疑いで、東大阪市中新開の建設作業員、阪野史弥(ふみや)容疑者(20)を逮捕した。同署によると、「むしゃくしゃして気分を晴らすため火をつけた」と容疑を認めている。逮捕容疑は、14日午後8時55分ごろ、自宅マンションの駐輪場で、何らかの方法で火をつけて自転車8台を焼損させたとしている。

YahooJAPANニュースから引用

このように阪野容疑者は自宅のマンションで放火をしています。放火するのであれば自宅以外をと考えそうなものですが、あえて自宅のマンションで放火をすることの目的があったのでしょうか?

それとも単に「自宅を燃やすわけがない」と自分に捜査の手を届かせないようにということだったのでしょうか?

現在のマンションはセキュリティがしっかりしているところも多く、入居者以外は駐車場にさえ入れなかったり、いたるところに防犯カメラが設置されています。

何かすればすぐにカメラから解析ができるにも関わらず、そんなことも考えられない単細胞なのかもしれません。

東大阪市の火災情報から考えると阪野容疑者が逮捕されたのは16日ですが、実際に放火をしたのは14日だったことが考えられます。

阪野容疑者が放火した自宅マンションを特定?

放火した自宅マンションのの場所は東大阪市中新開とされています。

中新開は阪神高速沿いで、阪神高速からちょうど第二阪奈道路に切り替わる場所です。近くには昨年ラグビーワールドカップで沸いた花園ラグビー競技場があり、人通りも多い場所に位置します。

中新開から阪神高速をまたぐと朝鮮高校があり在日韓国人が多く住んでおり、中新開にも在日の人が多く住んでいます。

東大阪市の火災情報によると14日に中新開で火災があったのは「中高層火災」ということと「中新開1丁目」ということがわかります。「中高層火災」とは4階以上の建物で起こった火災ということになります。

中新開は中小企業の工場が多く密集しており、4階以上のマンションとなると数が限られいるため可能性が高いのは「メゾンド中新開」というマンションです。

ただ、公に報道されているわけではないため、推測の域を脱しませんので注意してください。

(下に続きます)

建設作業員は低学歴が多いのは本当か?

建設作業員は特別な資格・学歴を問わずやる気を重視して採用してもらえるのがメリットではありますが、その反面学歴がない人が集まります。

とある会社の設作業員最終学歴データによると

  • 大卒:8%
  • 専門学校卒:12%
  • 高校卒:58%
  • 中学卒:23%   

と実に中高卒で80%を占める割合となっており、いかに建設作業員に中高卒の低学歴者が多いかがわかると思います。

現代で中卒の人などいるのだと驚かされますが、実際は現在20代で中卒の割合は6.3%にとどまっています。そのほとんどが建設作業員、もしくはニート、女性であれば水商売関係に行かざるを得ないことが考えられますね。

建設作業員は素行が悪く犯罪率が高い?

警察庁のホームページで罪種別犯行時の職業別検挙人員のデータが公開されています。自営業の中では断トツ「土木建設作業員」がトップです。事務員も検挙数は多いですが、おそらく分母となる数が多いための数字であることが容易に推測できます。

匿名掲示板では土木作業員と書かれていますが、建設作業員を含んでのことです。世間から言わせれば「〇〇容疑者、(建設作業員)は~」と報道されると、「あ~やっぱりな」と妙に納得する世の中です。

しかし、それがすべて偏見かといえばそうではなく低学歴でろくにビジネスマナーも教えられていない。街中でも大きな声で人目もはばからずたむろする。コンビニのなかで鎮座する。など日ごろの言動が影響しているのだと本人たちは微塵も気づいていないことでしょう。

この容疑者も罪を償った後、建設作業員しか働く先はなく、底辺で生活し続けるのでしょう。

新しい情報が入れば追記します・・・

シェアする
Goodday NEWS

コメント