熊沢孝幸は市原市立五井中学校「余罪が多すぎる」保護者の涙

不祥事
不祥事 事件

少年へのわいせつ容疑で逮捕された市原市立五井中学校教師の熊沢孝幸。校長などの上司や千葉教育委員会、親の間に衝撃が広がっています。

熊沢たかゆき先生の生徒たちから「余罪もある」と熊沢孝幸(くまざわたかゆき)教諭の驚くべき過去について物議を醸しだしています。

水元義人のFacebook・Twitterから顔画像特定?「不倫相手に復縁迫り拒否され逆上か」埼玉県越谷市殺人未遂

竹内麻理亜(まりあ)の美人顔画像特定か?「不倫相手に会っていた」高松姉妹車内置き去り死亡

瀬戸大也の不倫相手は鮎川瑠奈(るな)で超美人画像!「元ジャニーズ鮎川太陽の妹」

「週刊新潮」瀬戸大也の不倫地方女性や銀座ホステスは誰?「インスタントS〇Xの全貌」

(下に続きます)

熊沢孝幸容疑者の顔画像とプロフィール

熊沢孝幸の画像
  • 氏名:熊沢 孝幸(くまざわ たかゆき)
  • 年齢:43歳
  • 職業:千葉県市原市の中学校教師
  • 罪状:準強制わいせつの疑い

家族構成は定かではありませんが、少年の写真を撮るということは熊沢容疑者はLGBTの可能性が高いです。年齢からすればLGBTが世間に認知されておらず、マイノリティの人たちは性について隠して生きていた時代なのでカモフラージュで結婚しているかもしれません。

どちらにせよ現役の男性教師が元教え子の少年にわいせつ行為だなんて社会的に抹殺されたも同じです。

熊沢孝幸が勤務していたのは市原市立五井中学校

元教え子の少年にわいせつ行為をして逮捕された熊沢容疑者が勤務する中学校はどこだったのでしょう?

報道で明らかにしてもらえないことには、中学生や市原市立の中学校を卒業した息子さんを持つ親たちは、自分の子供ももしかして被害にあってたのではないかと不安で溜まりません。

2017年度の教諭移動名簿

2017年に千葉県が告知している公立小中学校の教諭異動の名簿に熊沢容疑者の名前がありました。

結婚や不祥事がない限り3年で異動ということは考えにくいので、熊沢容疑者は市原市立五井中学校で勤務していたと思われます。

被害にあった少年は以前勤務していた学校の元教え子とのことなので「市原市立ちはら台南中学校」の卒業生でしょう。

市原市立五井中学校の学校だより

こちらは五井中学校のホームページ上にある学校だより一覧です。1年生、3年生、保健だよりには4月第1号がありますが、2年生だけ不自然に4月の第1号がありません。

4月の学年だより

各学年だよりの第一号には学年担当の教員によるメッセージや顔写真、教員の名前が記載されています。熊沢容疑者逮捕にあたって、急いで2年生の学年だよりを消しとすればつじつまがあいますね。

熊沢孝幸容疑者は市原市立五井中学校の2年生を担当していた可能性が高いです。

市原市立五井中学校の画像

(追記)こちらの使用から熊沢孝幸容疑者が平成25年には「市原市立若葉中学校」で勤務し3年生を担当していたことが発覚しました。

平成26年に五井中学校の前に勤務していたちはら台南中学校、平成29年からは五井中学校と公務員の異動にしては短期間のサイクルで異動しているのがわかります。

もしかしたら以前から逮捕に至らないまでも、同じように教え子の生徒が苦痛を感じるような言動をしており、市原市もそれを把握したうえで異動で対処していたのかもしれません。

早めに適切な対処をしていれば今回被害にあった少年も心に傷を負わなくて済んだかもしれないとすれば教育委員会の怠慢です。

芦名星が自殺!伊勢谷友介逮捕で大麻捜査員にマークされていたと5チャンネルで話題!

竹内結子自殺の死まとめ!「明らかにされない情報がある」真相は?

(下に続きます)

余罪あり?「自宅に研究資料のコレクションがありそう」

熊沢容疑者は現在43歳であり、ストレートで大学を卒業して教員になったのであれば、約20年間教師をしていました。この手の教師は若いころから幼い男児が性的な対象であり、教職員を志したのも自分の性欲を満たすために違いありません。

20年間教壇の上から舐めまわすように自分の好みの少年を見繕っていたのかと思うと想像しただけでもおぞましい光景です。

また自分の大切な息子がこのホモ教師の性欲の餌食になっていたと想像すると熊沢容疑者にかかわったことのある親たちは虫唾が走る思いをしているでしょうね。

めっちゃ余罪がありそう(5ちゃんねる)

どう考えても写真を撮っただけとは思えない それに一人だけとは思えない ほかにも余罪があるはずだ(Yahooコメント)

研究資料ですか。何だか自宅には、熊沢コレクションともいえる作品がずらっとありそう(Yahooコメント)

今後の捜査でおそらく余罪が相当出てくるでしょう。その時には研究資料という名の熊沢コレクションが押収されることは間違いないでしょう。

熊沢たかゆき容疑者が起こしたわいせつ事件の概要

千葉県市原市の中学校教師の男が当時18歳で元教え子の少年の裸の写真を撮るなどわいせつな行為をしたとして逮捕されました。

準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは市原市の中学校教師、熊沢孝幸容疑者です。警察によりますと熊沢容疑者は、今年8月、千葉県内のレンタルルームに当時18歳だった知人の少年を呼び出し「研究資料に必要だ」などとウソを言って信じ込ませ、服を脱がせて裸の写真を撮るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。

少年は熊沢容疑者が以前勤務していた中学校の元教え子で、要求を拒否できなかったということです。 事件翌日、少年の母親が警察に相談をしたことから事件が発覚したということです。調べに対し、熊沢容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

YAHOOJAPANニュースから引用
  • 逮捕されたのは市原市立中学校の教師、熊沢孝幸
  • 元教え子の18歳少年を呼び出し裸の写真を撮るなどわいせつ行為をした
  • 「研究資料が必要」と嘘を付いてレンタルルームに呼び出した
  • 被害少年が母親に相談し、警察に相談した
  • 熊沢容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている

(追記)熊沢孝幸の余罪「少年への異常な性癖で有名」

少年へのわいせつで逮捕された熊沢孝幸先生。五井中学校の生徒や保護者の間に、トラウマになりそうな衝撃が伝わっています。
信じていた先生に裏切られた悲しみやトラウマは、五井中学校に通っている男の子や女の子にとって、大きな心の傷となることは間違いありません。
そんな中、「熊沢先生はいつも男の子にくっつこうとしていた」「顔のきれいな中世的な男の子に個人指導していた」など、余罪の噂もあがってくることは間違いないでしょう。
なかには、「トイレに男の子を連れ込んでいた」など、耳を疑うような証言もでてくることも懸念されます。今後、上司である校長や教頭の監督責任能力が糾弾される事態となってしまうのか。

保護者にとっても、熊沢孝之先生の異常な少年愛対する怒りや悲しみで眠れない夜が続くわけです。五井中学校だけでなく千葉県市原市教育委員会への抗議電話が鳴り響かない平穏な日は当分の間望めそうもうありません。

熊沢孝幸について抗議の電話をした

中学生の子供を持つ親として市原市教育委員会と市原市立五井中学校に熊沢孝幸の今までの教え子たちへの行動や余罪についてを電話で確認します。

今後五井中学校では熊沢孝幸逮捕についての保護者会も開かれると思いますので、保護者の皆様、情報がありましたらお待ちしています。

情報が入り次第追記していきます。

Goodday NEWS

コメント