中沢春香(なかざわはるか)顔画像が可愛い!Facebookや職場はどこ?看護師が「性的興奮のため」危険ドラッグ所持

事件
事件

医師の中田賢一郎容疑者と交際相手の看護師中沢はるか容疑者が危険ドラッグの所持容疑で逮捕されました。医師と看護師が危険ドラッグを所持し、使用していたということで世間に衝撃を与えています。

二人は同じ病院の医師と看護師で付き合っていたとのことですが、今回は看護師の中澤春香容疑者の顔画像や勤務先について調べていきたいと思います。

塚本征也(つかもとせいや)マスクなし顔画像Facebook特定「イケメンエリートだけど変態」東京都銀行員わいせつ

大野智シングルマザーAは誰で自らリークか?「連れ子じゃなく隠し子説も?」文春砲画像

北井小由里イタリア公園新生児殺害まとめ「CAの夢をかなえるため殺害」画像や動機など

高橋舞美しすぎる顔画像「精神疾患で殺したことを覚えていない!」川崎市税理士殺人

(下に続きます)

中沢春香の可愛い顔画像特定「童顔で同僚を手玉に取る美女」

氏名:中沢 春香(なかざわ はるか)

年齢:36歳

住所:群馬県中之条町青山

職業:看護師

写真は2017年当時のものなので33歳当時の顔画像になりますが、30代とは思えないほど童顔でかわいらしい顔立ちをしています。この美貌と甘い声で同僚である医師の中田賢一郎容疑者を落とし、様々なグループ施設の理事長に就任するほど中田容疑者を手玉に取っていました。

危険ドラッグなど使うような容姿ではない中沢容疑者。しかし白衣の天使として患者さんに見せる顔とは別人の顔を持っていたのでしょう。

中澤春香が勤務するのは吾妻さくら病院の外来看護師

危険ドラッグの所持で逮捕された看護師の中澤春香容疑者ですが、調査により、 群馬県吾妻郡中之条町伊勢町782−1にある私立病院「吾妻さくら病院」の外来看護師として働いていることがわかりました。

中沢容疑者が勤務していた群馬県の吾妻さくら病院

こちらは同じく危険ドラッグ所持で逮捕された中田賢一郎容疑者が理事長を務めるさくらライフのグループ病院です。67床を持ち救急も受け入れている地域に密着した病院です。

地域の人たちが頼りにする古くからある病院で外来の看護師として活躍していた中沢容疑者は2017年には桜ライフグループ全体で特段活躍した職員に送られる「さくらライフグループ優秀職員賞」を受賞しています。

当院の中澤春香さんが、6月度さくらライフグループ優秀職員賞を受賞いたしました!外来のみならず、訪問診療担当の看護師として積極的に職務を遂行し、患者様・ご家族から熱い信頼を得ている。またさくらライフグループ内の病院・クリニックをサポートするなどグループの運営にも貢献していることなどが評価されました。「今後とも外来、在宅の増患に向けて努力していきます。ありがとうございました。」(さくらライフグループホームページ)

7月4日の全体朝礼で、さくらライフグループ6月の優秀職員に、外来看護師の中澤春香さんが選出され、表彰されました。外来及び訪問診療の看護師として積極的に職務を遂行し患者や家族から熱い信頼を得ていることが評価されました(吾妻さくら病院ブログ)

コメントにもあるように、外来のみならず在宅で地域の患者さんの自宅にも訪問するなど、信頼される看護師だったことがわかります。吾妻さくら病院に通院していた人の証言を聞くことができました。

いつもニコニコしていて対応もすごく丁寧で優しい看護師さんでした。家に来てくださったこともあります。患者みんなから信頼されていましたよ。(近隣の通院患者)

患者さんからも評判の優しくてかわいい看護師だったようです。そん反面吾妻さくら病院で働く職員からは異なる証言も・・・

理事長と交際していたのはみんなが知っている暗黙の了解みたいな感じでした。付き合いだしてからは徐々に態度が大きくなりましたね。表彰ももちろん理事長のコネだと思っていますよ。(元職員の証言)

中田先生は根っからの女好き。結婚しないのも色々な女性と遊びたいからでしょう。(関係者)

大きな医療法人グループの理事長でもある医師と交際していた中沢容疑者。一看護師でありながら中田容疑者が理事を務めるグループ内の施設や保育園の理事もしていたとのことで、中田容疑者からの信頼も厚かったことでしょう。

公私ともに良きパートナーであった二人ですが、医師と看護師という立場でありながら本来使用してはいけない危険ドラッグに手を染めてしまいます。

医者の妻の座を仕留めたと思っていた中沢容疑者ですが50歳にもなる中田容疑者は結婚する気もなく独身貴族を謳歌。30代後半になった中沢容疑者は結婚どころかこのままでは若い女性に彼を取られてしまう・・・彼と別れることになったら職場での立場や施設理事などの地位も奪われかねない。そんな不安に苛まれていたことでしょう。

そんなアラフォー女性の不安を逆手にとって中田容疑者は危険ドラッグを使用しての性行為や危険ドラッグの販売を中沢容疑者に持ち掛けます。これを断ったら捨てられる・・・36歳にもなって新しい恋愛なんてできないし、ましてや賞味期限切れの女なんて相手にする男もいない。今まで築き上げた地位と名誉もなくなると断り切れず中田容疑者の口車に乗ってしまったのかもしれません。

中沢容疑者のFacebookは?

「中澤春香」「中沢春香」「NakazawaHaruka」などでFacebookを検索し、一件ずつ該当するアカウントがないか確認しましたが、危険ドラッグ所持で逮捕された看護師の中澤春香容疑者と思われるアカウントを発見することができませんでした。

今後も調査を続け、確認でき次第追記していきます。

中沢はるか「性的興奮のために危険ドラッグ所持」の事件概要

危険ドラッグを持っていたとして、警視庁は、医療法人社団「さくらライフ」理事長で医師の中田賢一郎容疑者(50)=千葉県市川市真間4丁目=ら2人を医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで逮捕し、5日発表した。

調べに対し、「リラックスや性的興奮のために持っていた。違法とは知らなかった」と話しているという。

ほかに逮捕されたのは看護師の中沢春香容疑者(36)=群馬県中之条町青山。中田容疑者は複数の医療法人や社会福祉法人の理事長を兼務し、首都圏や群馬県、福島県で病院や老人ホーム、保育園の運営に携わっており、中沢容疑者は配下の病院に勤務する部下で、交際相手だという。

livedoorニュースから引用
  • 危険ドラッグ所持で中田賢一郎(50)と交際相手の中沢春香容疑者(36)
  • 中田容疑者は医師で医療法人の理事長
  • 中沢容疑者は看護師で、多数の医療法人や社会福祉法人の理事長を兼務
  • 中田容疑者と中沢容疑者は交際していた
  • 「リラックスや性的興奮のために持っていた」と証言
Goodday NEWS

コメント