津野米咲(赤い公園)が自殺!モーニング娘に楽曲提供でハロオタから誹謗中傷されていた!

tunomaisa jisatu エンタメ
エンタメ

ガールズバンド「赤い公園」のリーダーでギターやコーラスを担当していた津野米咲さんが都内の自宅で死亡していることが確認されました。つのまいささんは赤い公園のバンド活動だけでなく、モーニング娘やSMAPにも楽曲を提供し、界隈では有名でした。

芸能人の自殺が続いており、世間に衝撃を与えていますが、ハロオタによる誹謗中傷が自殺の原因ではないかと匿名掲示板などで噂されています。

中林大樹(竹内結子夫)実家の製薬会社は大一製薬「嫁とあったことない」結婚を反対されていた?

竹内結子の自殺2日前にyuiが意味深なインスタアップ「タイミングがぴったりで怖い」5ちゃんねるで話題

芦名星が自殺!伊勢谷友介逮捕で大麻捜査員にマークされていたと5チャンネルで話題!

(下に続きます)

津野米咲がモーニング娘に提供した「泡沫サタデーナイト」

津野米咲さんはリーダーを務める赤い公園の活動以外にも様々なアーティストに楽曲提供をしています。2016年には自身の大好きなハロープロジェクトの大御所であるモーニング娘にも楽曲を提供したことも有名な話です。

少なくともハロプロだけでも6曲を楽曲提供していています。その他にもSMAPにも提供していることからソングライターとしてかなりの需要があったことがうかがえます。

ハロ提供は泡沫氏か知らんけどつんくをおしのけてメインタイトルになった初めてのシングルだよね それだけあれはいい曲だった(5ちゃんねる)

泡沫はここ最近じゃ一番バズった曲じゃん 一般人にもかなり浸透してる(5ちゃんねる)

ハロプロの中でも特に大好きな℃-uteに提供したかったと語っていたこともあり、「泡沫サタデーナイト」、相当思い入れや熱量の込めた曲であることは確かです。彼女は古参のハロプロオタであるためつんくの曲に慣れ親しんでおり、どことなくつんくを彷彿とさせる楽曲はハロオタにも受け入れやすかったのではないでしょうか?

楽曲提供でつんく信者から誹謗中傷を受けていた?

津野米咲が楽曲提供し、それなりのセールスを上げ人気もあった楽曲「泡沫サタデーナイト」ですが、実は古参のオタ、つんく信者からからは認められておらず津野米咲をハロオタが攻撃していたという情報がありました。

つんく信者がメンツのため認めなかった泡沫 ほんとあいつらカス(5ちゃんねる)

むっちゃ叩いてたね つんくのパクリだなんだって(5ちゃんねる)

お前らがクソ曲クソ曲叩くからだ(5ちゃんねる)

ハロオタは基本的につんくの楽曲が好きであることが大前提です。DAPAMPが「USA」で再ブレイクしたきっかけも楽曲や歌詞のノリなどがハロプロに似ているということから、ハロオタ発信といわれています。

ファンの中では「ハロプロ=モーニング娘=つんく」の構図が出来上がっており、その中に外部者(よそもの)が入り込めば異物ととらえてしまいす。

つんくは20曲に1曲当たりがあるから嫌いではないが他を一切認めないつんく信者は大嫌い(5ちゃんねる)

つんく楽曲以外を認めず、つんくを押しのけて初めてメイン楽曲になった泡沫サタデーナイトを作った津野米咲さんをたたくハロオタやつんく信者を容易に想像できてしまいます。

ただでさえ顔も見えないインターネットで誹謗中傷をされれば不安や恐怖に陥るのは必然ですが、それが自身の大好きなアイドルグループのファンに誹謗中傷されたらどうでしょうか・・・全く関係ない相手から誹謗中傷されるよりさらに大きなダメージを負い、心に深い傷を負うことでしょう。

横浜駅西口で暴走動画「職務質問振り切りパトカー体当たり」覚醒剤使用か?

山村留美乃犯人は元彼で特定が?「同棲彼と別れたばかり」友人が証言!京都殺人

(下に続きます)

自殺した津野米咲は熱狂的なハロオタ!

氏名:津野米咲(つの まいさ)

生年月日:1991年10月2日(29歳)

出身:東京都

所属バンド:赤い公園(リーダー・ギター)

津野米咲はハロプロアイドルが大好き、中でも特に℃-uteの大ファンで、ハロプロメンバーとも親しくしていたことがSNSで分かります。

ハロープロジェクトが好きすぎて2014年にはハロプロの楽曲全曲から自分の選んだbestofハロプロCDをリリースするまでであり、ハロプロ女オタを公言していますね。

赤い公園過去にもボーカル脱退でいわくつきバンド

2017年8月31日にボーカルだった佐藤千明さんが脱退しています(左から二人目)

表向きは方向性やバンドイメージに対する相違が脱退流となっていましたが、当時はメンバーの不仲説が取り出されています。まぁ、不仲があったとしてもバンドやアイドルはファンに夢を売る仕事。本当のことを言うはずはありませんし、言う必要もありません。

当時20代半ばのメンバーたち。バンドは少なからずメンバーの人気に格差が出てきてバンド内ヒエラルキーもあることでしょう。芸能界を目指す女なんて自己主張や自己顕示欲が高い人間くらいしか残ることができない。そんな中、「なんであの女が私より人気なの?」と嫉妬心が生まれ徐々にバンド内に亀裂が入ったことでしょう。

ガールズバンドともなればメンバー同士を百合(女性同士の同性愛)で妄想する人もいるので、津野米咲が不仲説を打ち消すコメントをしていますが、ファンへのせめてもの愛情だったと思われます。

「赤い公園」津野米咲が自宅で自殺

赤い公園

女性のロックバンドグループ「赤い公園」のメンバーの津野米咲さんが東京都内で亡くなっていたことが分かりました。29歳でした。関係者によりますと、自殺とみられるということです。亡くなったのは、4人組の女性ロックバンドグループ「赤い公園」のメンバーの津野米咲さん(29)です。

関係者によりますと、18日午前9時ごろ、東京 杉並区の住宅でぐったりしているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。

警視庁は、現場の状況などから自殺とみて詳しい状況を調べています。

津野さんは、バンドでギターや作詞作曲を担当するかたわら、アイドルなどに楽曲の提供を行ったり、NHKのラジオ番組にも出演したりと幅広く活動していました。

NHKニュースから引用

現在捜査中であり、自殺の詳細や遺書の有無などは確認されていません。情報が入り次第追記していきます。

Goodday NEWS

コメント