山下智久退所![文春]ジャニーズ事務所への不満と確執の内容

エンタメ
エンタメ

10代のころからジャニーズ事務所に所属し、NEWSや俳優として一線で活躍してきた山下智久が10月31日をもってジャニーズ事務所を退所していたことが文春でスクープされ、公式に退所の発表がされました。

ファンにとっては「次に山下智久もジャニーズ事務所をたいしょしてしまうのではないか」と考えていた人もいたでしょう。

実際にジャニーズ事務所を退所することが発表されましたが、事後報告であったことなどから衝撃とショックを与えています。

この記事では11月12日発売の週刊文春「山下智久退所!ジャニーズとの確執全真相」の要約と感想を記載していきたいと思います。

大野智シングルマザーAは誰で自らリークか?「連れ子じゃなく隠し子説も?」文春砲画像

(下に続きます)

山下智久ジャニーズ時代の功績

山下智久は1996年11歳にして滝沢英明にあこがれジャニーズ事務所に入所しました。山Pというニックネームもあこがれの滝沢英明から名付けられ、2003年にはNEWSを結成しデビュー。2005年には亀梨和也と一緒に出演した「野ブタをプロデュース」で俳優としてもブレイク。亀梨と歌った主題歌「青春アミーゴ」は年間売り上げ1位となり、カラオケで歌う人が続出したのは記憶にも残っていることでしょう。

2008年には「コードブルー・ドクターヘリ緊急救命」で主演し、コードブルーは3期の続編と劇場版が放映され山下智久の代表作となりました。その後もアーティストや俳優として様々なテレビ番組やCM、ドラマに出演しジャニーズファン以外にも知名度を高めていきましたが、2011年には「俳優業に専念したい」とのことでNEWSを脱退しました。同時に「抱いてセニョリータ」でソロデビューを果たし、安室奈美恵とも共演。安室奈美恵のファイナルコンサートにゲスト出演したのは記憶に新しいことと思います。

2018年には海外進出を見据えてか中国版TwitterのWeiboに公式アカウントを開設、続けざまにInstagramでも公式アカウントを開設し、現在では男性有名人のフォロワー第1位となるほど人気のアカウントとなっています。

ジャニーズの中でも俳優をメインに活躍しているタレントでは生田斗真や風間俊介があげられますが、歌もダンスも演技もとなるとやはり一番に名前が思い浮かぶのは山Pこと山下智久だったのではないでしょうか?

雰囲気も話す声も落ち着いた印象で、クールなイメージ。今のガチャガチャしたお笑い芸人かのようなジャニーズのタレントたちとは違ったタイプでむしろジャニーズ感がないように感じています。

ジャニーズは好きじゃないけど、山Pは好きという人も多かったんじゃないでしょうか。

ジャニーズとの確執「人気絶頂から干された理由とは」

10代のころからジャニーズ事務所で常にトップの人気を誇っていた山下智久でしたが、文春の記事によるとその人気に暗雲が立ち込めたのはSMAPの解散がきっかけだったとのこと。

元々NEWSは藤島ジュリー景子氏(現社長)が管轄していましたが、2011年にNEWSを脱退した時から山下智久はSMAPのマネージャーである飯島三智氏の下で活動するようになったと芸能関係者が話ています。

しかしその飯島三智氏がジャニーズ事務所を退社して独立。SMAPもが解散をして、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛がジャニーズ事務所を退所するという騒動にまで発展しました。この独立騒動の時に山下智久は今は無きジャニー喜多川氏に「独立しないこと」「ジャニーズでの残留」を伝えジャニーズに対しての忠誠心を誓ったとのことですが、飯島氏の後ろ盾が亡くなったジャニーズで山下智久の居場所はなくなっていき次第に干されていったそうです。

次第に「このままジャニーズに居て大丈夫だろうか・・・」という不安や危機感に苛まれる山下智久は、自分自身の今後について深く考えるようになり、2017年に家族を代表にした個人会社を設立し、活躍を海外に移すという方向性を見出していったようです。

2019年にはハリウッドスターのウィル・スミスの会社『ウェストブルック・エンターテインメント』とのマネジメント契約を結び、世界中で配信しているドラマ『THE HEAD』でメインキャストとして全編英語で微生物学者を演じ、エンディング曲を担当したことでも話題になりましたが、この経験で「海外でも活躍できる」と自信につながったのでしょう。

そのころジャニーズ事務所ではジャニー喜多川氏が逝去したことにより経営陣や経営方針の変更などから退所者が続出。海外での活動を希望する山下智久とジャニーズ事務所との溝は広がる一方となっていたようです。そしてついに山下智久はジャニーズ事務所を退社する意向を伝え2021年3月の退所で合意に至ったとのことでした。

管理人は熱狂的なジャニーズファンではないので、山下智久が干されているといったイメージはなく、コンスタントにテレビで見かけている印象でしたが、経営陣の分裂に山下智久も巻き込まれていたのだと思うと少し山下智久が理不尽に思えてしまいました。

大野智シングルマザーAは誰で自らリークか?「連れ子じゃなく隠し子説も?」文春砲画像

(下に続きます)

未成年女性とのトラブル「活動自粛も亀梨との対応の差に不満爆発」

ジャニーズ事務所を退所することが水面下では決定していた山下智久に最大のスキャンダルが訪れたのが2020年8月に文春オンラインでスクープされたモデルの未成年(高校生)女性との飲酒とお持ち帰り報道でした。

一緒に飲酒していた女性が未成年だったことを隠していて謝罪もしていますが、結局山下智久は活動自粛を余儀なくされます。しかし、一緒にいたはずの亀梨和也は厳重注意にとどまり舞台挨拶での謝罪のみで活動の自粛は無くその後も番宣などに精力的に出演していました。

文春によると、山下智久が亀梨との処分の差に納得がいかず不満を漏らす姿が見られたとのこと。しかしジャニーズ事務所としてはジュリー氏が目にかけているお気に入りの亀梨と宿敵飯島氏の下にいたいわゆる戦犯の山下との違いであり、しかも退所が決まっている山下を擁護する必要もなかったと関係者の話で明らかになったと記載しています。

女子高生モデル飲酒お持ち帰り騒動では確かに誰が見ても山下と亀梨の処分の差が大きく、「なんでなんだろうこの違いは・・」と感じていました。しかし、ジャニーズ事務所のみならず、大手芸能事務所に在籍していなかった人たちが、退社した直後からスキャンダルが明らかになるのは、やはり大手芸能事務所の圧力によりもみ消してもらっていたのだと感じましたね。

ジャニー喜多川氏の逝去以降スキャンダルに見舞われているジャニーズ事務所ですが、報道に圧力をかけられるほどの力はなくなってきたのでしょう。ジャニーズのスキャンダルと事務所からの流出は今後続くだろうと容易に推測できますね。

ジャニーズ事務所へのギャラへの不満も明らかに

文春の記事ではギャラに対しての不満についても明らかにしています。

山下智久はソロコンサートで会場を満員にしてもギャラは100万円程度だったことや、ファンクラブの収益配分にも疑問視しており、タレント側に配分されるようになったのがなんと今年からだったとのこと。

1996年から常にジャニーズの第一線で活躍してきた山下智久ですが、そんなギャラの不透明さも事務所に不信や不満を募らせる一つの要因になっていたようです。

山下智久ジャニーズ事務所退所後の活動は

文春によると山下智久は事務所退所以前にハリウッドから出演のオファーをもらっており、そのチャンスを逃さないためにも早急なジャニーズ事務所の退所を希望したとのことで、現在すでに撮影場所であるカナダのトロントに渡っているといいます。

ジャニーズ事務所のみならず、大手の芸能事務所を退社した芸能人は大手事務所の圧力やテレビ局の事務所への忖度で出演の機会が減らされるといったことがあります。

もちろん退社の仕方もありますが、自粛期間中に予定より早い時期にいきなり事務所の退所を決定し、退所時には海外にいた山下智久が円満な退所の仕方であったとは到底思えません。

おそらく活動場所が日本のママであれば、地上波での出演は難しいと考えられます。実際に文春では山下智久の代表作のコードブルーも続編を望む声が多いが、テレビ局とジャニーズ事務所との関係性を考えると実現は難しいとしています。

その点海外ではジャニーズ事務所への忖度などは無いでしょうから、海外で活躍する山下智久が見られることを期待して応援したいと思います。

Goodday NEWS

コメント