吉田陽太をクビにしたのはシステナで確定?問題行動連発で発達障害(ASD)か?

エンタメ
エンタメ

コロナの影響で大手企業も続々と在宅勤務に切り替わっていき、徐々にその体制にも慣れてきた昨今。4月新入職者も例外ではなく、リモートでの研修を余儀なくされています。

そんな中、リモート研修中にも関わらず入職してたった1か月でクビを言い渡された吉田陽太(仮名)の勤務先が大手企業システではないかと話題になっています。

数々の問題行動から吉田くんが発達障害ではないかとのことで、調べていきたいと思います。

(下に続きます)

吉田陽太は一体どんな人なのか?

氏 名:吉田陽太(仮名)

年 齢:23歳

出身地:千葉県

出身校:法政大学文系学部卒業

法政大学文系学部の偏差値は60前後で、センター得点率は71%~90%。入試倍率は文学部で6倍ほど。データだけ見ると高学歴とまでは言えませんが、合格し卒業していることから考えて、それなりの学力はあることが考えられます。

吉田陽太がクビになった会社はシステナ?

吉田陽太がクビになった会社がSNSで「システナ」ではないかと話題になっています。

  • 東証一部上場企業
  • IT会社でS社
  • 社員が約2900人
  • 資本金約15億円
  • 携帯電話向けソフト開発・技術支援が主力
  • 大手企業

と記載されており、すべて「システナ」に該当します。社名はイニシャルになっていますがA社ではなく中途半端なSを使っていることから本当の会社のイニシャルであることがうかがえます。

またこれだけ企業を特定できるような情報を記載しているのは社名を隠すというよりは特定してくださいと言っているようなもの。吉田くんはインターネットで特定してもらうことで自分の手は汚さずにいようと考えたのかもしれません。

吉田陽太が解雇(クビ)になったとされる理由は?

・リモート研修中、画面越しの態度が悪い

会社側の言い分では研修中に立膝の体制で研修に参加していた、Yシャツの上からカーディガンを羽織っていた、そしてリモートの画面から顎が見切れていた。と説明を受けたとされていますが吉田君は立膝について否定。顎が見切れていたことがなぜマナー違反なのか全く理解できないと発言しています。

・卒業旅行を理由に課題の提出が遅れた

入社前に課題提出を課せられていましたが、3月に卒業旅行でタイに出かけるため提出期限を延ばしてもらうように依頼。会社からは了承されていたとされていますが、はっきり言って入職前から期限を延ばしてもらうことを言い出せること自体意味が分かりません。課題に限らず提出期限を守るのは最低限。はっきり言って仕事をなめていると思いますし、それを平然とお願いできる神経を疑います。

吉田陽太の様々な問題行動まとめ

会社がクビの理由として挙げたこと以外にも、様々な問題行動が指摘されています。

  • 3月、コロナで外出自粛にも関わらず海外旅行に出かける
  • コロナの影響で飛行機が欠航、急遽タイにでかけた
  • 海外旅行のため金融会社から40万円借金(未返済)
  • 海外旅行のため両親から30万円借金(未返済)
  • 金融に返済していたが金利のみで元本を返済していないことに気づいていなかった
  • 専門学校の学費、PC購入をクラウドファンティング
  • クラウドファンディングの支援者に「アフリカ旅行の小銭のお釣りや、旅の写真、僕とお茶をする権利を与える」と発言

本人が語っているためすべて事実であり、この言動からも1か月で彼を見切ったS社は英断だったと思えて仕方がありません。人のお金を一体何だと思っているのか彼に聞いてみたいと感じました。

吉田陽太は空気が読めない発達障害ではないのか?

知的能力が高い大人の発達障害(ASD)に吉田陽太は当てはまるのではないかと考えられます。

  • 場の空気が読めない
  • 暗黙のルールがわからない
  • 思ったことをすぐ口にする
  • 話が一方的
  • 興味のあることに対して記憶力が良い
  • 一人遊びを好む
  • 急な予定変更でパニックになる

リモート研修とはいえ公式な場所でのカーディガンは説明されるまでもなく不適切です。また課題提出延期に対しても、通常の新入職が延期を申し出ること自体あり得ないことですが、それらの「暗黙の了解」が伝わらないことが想像できます。

課題提出については会社も了承してくれたと言っていますが、「本音と建て前」という言葉さえも知らないのでしょう。会社はその依頼を受けた時点で、すでに見切っていると思われます。

クラウドファンディングについての発言でも「僕との時間をプレゼント」「与える」などと表現することから特徴でも挙げている「思ったことをすぐ口にする」に当てはまると思われます。自分の一言が相手にどういう印象を与えるか想像もすることができず、本音をすぐ口にしてしまうのでしょう。

「自己評価高すぎ」「こいつはヤバい」と会社を擁護する人多数

これだけ見ても吉田君は会社勤めは向きませんし、このような新入職が部下になったらお手上げですね。

Goodday NEWS

コメント