ゆーたん(範馬勇子)はパーソナリティ障害「首都高飛び出し動画」炎上商法で確定!

yuutan 不祥事
不祥事

ニコニコ生放送の放送主である「金バエ」の現彼女、ゆーたん(範馬勇子)が金バエとのケンカの末乗っていた車から飛び降り首都高を歩き、結果大渋滞を巻き起こし警察に連行され炎上するという事件を起こしました。

このゆーたんが普段から事あるごとに「死ぬ死ぬ」と言い自傷行為をしているパーソナリティ障害で精神障害者手帳を持っている情報について検証していきたいと思います。

東武東上線ツイキャスで自殺配信していた女性は境界性パーソナリティ障害?親から壮絶な虐待をうけていた!

小沼勝は発達障害と判明!「キレやすい支援学校通い」ひたちなか市虐待

(下に続きます)

ゆーたん(範馬勇子)はパーソナリティ障害で手帳もち

ゆーたんが首都高に飛び出すという行為をした現場にいたニコニコ生放送の配信主「魂道組長」のツイートからもゆーたんがパーソナリティ障害であることがわかります。

境界性パーソナリティ障害は、人間関係、自己像、気分、行動の不安定性、そして拒絶されたり、見捨てられたりする可能性に対する過敏性を特徴とします。

MSDマニュアルから引用

飛び降りるわけないじゃん

また自殺詐欺(匿名掲示板)

精神障害者手帳持ちなので仕事が出来ないそうです。その割に朝から晩まで酒飲んで配信してカッカッカッ笑ってますけども。(匿名掲示板)

今回の騒動以前にもゆーたんは生放送で自殺をほのめかす配信を幾度となく繰り返しており、リスナーもゆーたんの自殺に対して免疫がついているようです。パーソナリティ障害の症状の一つに「見捨てられ不安」という症状があり、他人に見捨てられないよう関心を得るために自殺未遂などの衝動行為に走るとされていて、今までゆーたんが自殺未遂を繰り返してきた言動を考えるとパーソナリティ障害を持っていることは確かでしょう。

ゆーたん(範馬勇子)首都高飛び出し動画

こちらが彼氏である「金バエ」とケンカをした結果「死ぬ」と首都高で車から飛び降りようとするゆーたんの動画です。

「ふざけんな」

「やめてゆーたん、危ないからゆーたんやめて」

「あー飛び降りる」

「止めて止めて!!」

「パーキングにして」

「ゆーたんほんとやめて、あぶないから」

一緒に車に乗っている友人たち(AFちゃんと魂道組長)の制止を振り切り車から降りようとするゆーたん。パーソナリティ障害の対応に対してこの「やめて」だとか「あぶない」という声かけ自体本人の衝動行為(飛び降り)を助長するのですが、他の人に迷惑をかける行動なので、周囲も止めるしかないですね。

AFちゃんと魂道組長の炎上商法だった?

騒動の時、同乗していたのはこちらも生放送の放送主であるAFちゃんと魂道組長。もともと普段から何かと人様に迷惑をかける行動をして騒動を巻き起こすゆーたんを炎上商法として利用するため呼び出したのです。しっかりゆーたんの死ぬ死ぬ詐欺を動画におさめてネットにアップしているため、ゆーたんの死ぬ死ぬ詐欺を利用しています。

本当に友達のことを心配して、止めているのであれば動画を撮っているのも、ネット上で真相を暴露すること自体しないでしょう。つまりは面白がっているこの二人も同罪ですよね。

首都高飛び出し現場にいたAFちゃん
首都高飛び出しの現場にいた魂道組長

騒動後二人ともがゆーたんをかばったり、謝罪するようなコメントをTwitter上にのせていますが、本当に友達を心配しているのであれば、本人に伝えればいい話ですしましてやゆーたんの病気のことを他人がSNS上でコメントするなんて個人情報ダダ流しもいいところです。

東武東上線ツイキャスで自殺配信していた女性は境界性パーソナリティ障害?親から壮絶な虐待をうけていた!

小沼勝は発達障害と判明!「キレやすい支援学校通い」ひたちなか市虐待

(下に続きます)

ゆーたんが自殺未遂をするのは金バエをつなぎ留めたいから!

生配信主の金バエとゆーたんは2019年8月からお付き合いを始めているようで、Twitterの発信からみると四六時中行動を共にし順調にお付き合いを続けていることがわかります。しかし世間からは自殺未遂を繰り返すゆーたんの行動に対して金バエを繋ぎ止めるための行為だと冷ややかです。

死ぬ詐欺あきたよおばさん 金バエが見てない所で死なないのは止めてほしいからw(匿名掲示板)

自殺詐欺したら金バエを繋ぎとめておける事を学習したババァ(匿名掲示板)

推定30代後半の独身女ゆーたん。結婚相手を選べるような年齢も当に過ぎ去ってしまい、生配信者でも若くてかわいい女性がどんどん新規参入してきてアラフォーの配信者の需要なんてほぼなくなってきているのでしょう。

それを自身でも感じてきており、アンチコメントや彼氏である金バエの言動一つ一つを被害的にとらえ勝手に「見捨てられてしまう、なんとか私に関心を示さないといけない・・・どうしたらいいの?死ぬって言ったらみんな心配してくれるかな。」というような思考を繰り替えしているに違いありません。

一度であれば周囲も心配して気にかけてくれ、関心を取り戻したと感じるかもしれませんが、実際は童話羊飼いの少年状態。「また死ぬ死ぬ詐欺だよ」とあきれられてしまう始末。

はじめはリストカットぐらいで収まっていたのが、「もっともっと心配させるようなことじゃないと!」となり屋上から飛び降りようとしたり、周囲をも巻き込むような自殺の方法を考えたりと行動がエスカレートしてしまった。

本当は彼氏に少しかまってほしいだけだったに・・・とゆーたんも後悔しているに違いありません。

Goodday NEWS

コメント