竹内麻理亜(まりあ)はアルコール依存症?PTA役員もする表と裏の顔!高松置き去り熱中症姉妹死亡

高松市姉妹車内置き去り死亡事件
高松市姉妹車内置き去り死亡事件

香川県高松市で6歳と3歳の女の子が車内に放置され熱中症で死亡した事件が起こりました。この事件で母親の竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者が「保護責任者遺棄致死」の容疑で逮捕されました。

我が子を15時間も車の中に放置し死亡させた鬼畜母「竹内まりあ」ですが、子供を放置している間男性と飲み歩き、男性宅に行っていたことが判明。

そんなたけうち容疑者の近隣からの評判や裏の顔を検証していきたいと思います。

竹内麻理亜(まりあ)「高松姉妹車内放置熱中症死亡事件まとめ」顔画像や家族、動機など!

(下に続きます・・・)

竹内まりあ容疑者娘を可愛がっていた表の顔

近隣住民
近隣住民

5年ほど前に引っ越してきた

近隣住民
近隣住民

子供たちに可愛い服を着せて歩いていたよ、若くて優しそうなお母さんだった

26歳で地元でも有名な建築会社社長の夫に可愛い盛りの娘が二人。BMWを乗り回すほどの財力で20代にして人生の勝ち組の竹内麻理亜容疑者。

毎日娘たちを着飾り、優しい顔を見せていたことがわかる。

竹内容疑者子供の幼稚園でPTA役員をしていた

産経新聞の記事によると、死亡した娘たちの幼稚園は9月1日から始業していたが、竹内麻理亜容疑者が「県外に出かけてた子供たちも多く、コロナが心配なので9月1週目は幼稚園を休ませますと連絡していることがわかっている。

また2人の娘が通園していた幼稚園でもPTAの役員をしていた。

地元の有名建築会社の社長夫人として、夫を立て支えている謙虚な妻を演じ続けていた竹内容疑者。娘たちを立派に育てなければというプレッシャーや良い母でいなければならない重圧からPTA役員をしていたのではないか。

また社長で長男である夫の跡取り息子を産めないことで親族からの重圧を受けていたことも想像にたやすい。

竹内麻理亜(まりあ)「高松姉妹車内放置熱中症死亡事件まとめ」顔画像や家族、動機など!

(下に続きます・・・)

竹内麻理亜容疑者「週に4回は飲みにきていた」

竹内容疑者はこの間、2人を車内に残したまま、近くの繁華街で少なくとも3軒の飲食店を飲み歩くなどして昼過ぎに駐車場に戻っていたが、捜査関係者によると、顔なじみの店員に対し「子どもは預けてきている」などとウソの説明をしていたという。

livedoorニュースから引用
ガルチャン
ガルチャン

週4で飲みに来てたって飲み屋の店員にバラされてたね

関係者の証言から竹内容疑者が普段から飲食店に行っており、従業員が「子供がいることを知っている」常連客だったことがわかる。もしかしたら死亡した2人の姉妹もお店に行ったことがあるのかもしれない。

一見人生の勝ち組ともいえる状況に身を置いていた竹内容疑者。

会社社長婦人との肩書とは裏腹に、娘たちの育児と家事だけの家政婦のような生活に若くして家庭に入った若い美人妻は「私は女性としてこのまま終わるのではないか・・・」と不安に陥った。

会社を継ぎ忙しくなって話も聞いてくれなくなった夫。娘たちの育児は妻である竹内容疑者に任せきり。同世代の友達は飲み会や旅行、自由気ままな青春を送っておりそんな話を聞くたびにうらやましく思っていた感情を唯一発散できるのがアルコールだった。

幼い子供がいながらも飲まずにいられない、だめだとわかっていながらもお酒を飲んで忘れないと自分の心が壊れてしまう。お酒を飲んでいるときだけは嫌なことを忘れられた・・・

そんな専業主婦の若い女性の気持ちはわからなくはないが、母のストレス発散のために二人の尊い命が犠牲になったことを忘れてはいけない。

Goodday NEWS

コメント